ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車値引き目標 >4月の新車値引き交渉のコツ

4月の新車値引き交渉のコツ

4月の新車値引交渉は「納車はGW直後でいいよ」

4月の新車値引き交渉の、「納車はGW明けすぐでいいよ」良い条件があるなら「4月でもいいけど」とやることです。

まずNGとして「GW前までに必ず欲しい」という話をすると、在庫車の商談をしてきます、そして

「急がないと間に合いません」
「他の人に買われてしまいます」

といった感じで、とにかく契約を急いでくることが多いハズ、実際問題急がないと間に合わないというのも事実なので、そこそこの値引きで、とにかくセールスマンが押せ押せで交渉してきます。

ここで「条件が良ければ4月でもOK」と、牽制をいれておくと、セールスマンはノルマ達成の為に「少だけし値引きを多く出して様子を見てみよう」という、色気に惑わされる事も

お店の値引金額を聞いてから、自分が希望する値引きを、言って様子を見てください。
上手くすれば「それは無理です」とか、いいつつ、商談を引っ張ろうとするはずです。

こうなれば成功ですね。

この商談は「値引き重視」という風にセールスは考えるので、実際に商談してみるとでは値引きの話を切り出しやすくなるはずです。

商談では競合させまくるのが良い

4月は3月と違い「極端に車を買うお客が減る」時期です。
どのお店も、お客は少ないと思いつつ、一生懸命車を売ろうします。

そんなか、「車が欲しい」というあなたがお店に来て逃がすわけありません。

3月だと「このお客冷やかしかな?」と思うとセールスマンは「何かございましたら奥におりますので、遠慮なくおよび下さい^^」といったドライな接客だったのが

4月になると「値引き頑張ります」「いくらならいいですか?」「これもあれもサービスします、だから契約して!」と、売るのに必死、粘着した接客に変わります。

どのお店も、「せっかく来たお客を逃すまい」としてくるので、これを逆手に取り、競合車は全部商談してみることです。

商談することで、本命が思わぬ値引きUP言ってきたり、競合車の値引が大爆発といった3月には起こらなかった現象が頻発します。

実際、4月の商談では、購入車種を「本命→競合車に変更」といった例が多くあります。

この時期、お店が目標台数必達の為に、セールスマンの手綱を緩めているというのも、値引大爆発の理由の一つとでしょう。

4月の商談では、競合車と出来るだけ多く、商談してみましょう。

前のページに戻る

関連ページ


ホーム >4月の新車値引き交渉攻略ポイント



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.