ホーム>車を高く売る方法、高価買取はカンタンです

車を高く売る方法は? 少しでも買い取ってもらえないかな?

車を手放すときに、みんな一度は考えますが、よくわからないのでディラーやお店の人に任せてきりになっている人がとても多いです。

この「車を高く売る」というのは実はとても簡単で「一番高い値段で買ってくれるお店」を見つけるだけで、難しいことや面倒なことはなにもありません。

にもかかわらず、、数万円、数十万円単位で損をしている人がたくさんいるのが、車の買取という世界です。

【目次 - 車の買取で損しない!最高値のための基礎知識】

車の買取店について教えて!
 ├ 車の買取はディーラー?買取店?どっちがいい ⇒ 買取店一択。
 ├ 車の買取店の違いは ⇒ 違いはありません
 ├ 車の買取で使われるセリフ⇒99%嘘ですね。
 ├ 買取査定が時間の掛かる理由 ⇒ 他店の値段を知りダケ
 └ 車の買取店のホンネ⇒オークションより安く買いたい

一番高い買取価格を付けてくれるお店の見つけ方
 └取比較サイトは、個人のミニオークション!

ネットの一括査定は高値確実、利用で知っておいたほうがいいことは?
 ├ネット査定依頼、大きなメリット
 └ネット査定依頼、小さなデメリット
  (おまけ)買取比較サイトを利用しない「最悪のケース」

ネット一括査定はどうやればいい?(スバット買取比較を利用の場合)
  @ ズバットへ申し込み ⇒ 車の情報と連絡先の情報を入力
  A 買取可能な会社が一覧で買取店を選ぶ⇒できるだけ多いほうが良い
  B 自動返信メールが来る⇒メールアドレス登録間違いに気を付ける
  C 電話で車の値段を教えてもらえる⇒依頼した会社の値段を聞いて比較s
  D 査定日を決める⇒納得出来そうな買取店へ依頼
  E 一番条件が良かった所へ売却⇒売買契約を交わす

車の買取店について教えて!

車の買取はディーラー?買取店?どっち ⇒ 買取店一択。

車の買取の話をすると、ディーラー?買取店?どっちがいい?といった質問が多いんですが、ハッキリいってこれは「買取店一択」です。

というのも、、新車ディーラーの本業は「新車を売ること」「買取には興味ありません」これが、ディーラのホンネ。

セールスマンは、下取り車(買取車)は、ない方が商談も早く済んで楽だ…なんてことを考えている人も少なくありません。

そもそも、下取り車でプラスが出ても、それを評価する新車ディーラーは少なく、セールスも本気になりません、逆に下取り車でマイナスが出たりすると「あいつ高取しやがって」といった事が話題として持ち上がることがありますし、上司はそれを把握しています。

こんな理由から、本気になって高値で買い取ろうとするセールマンはいないのが実態です。

「車の買取は、買取店一択!」

これで間違いないでしょう。

●車買取店の違いは? ⇒ 違いはありません…なぜ?

ではディーラーはともかくとしても「じゃ、高く買い取ってくれるお店はドコ?」という事になりますよね。

昔は「買取店ネットワークの大きさ=情報量の多さ⇒高値で売れる場所を知っている」ということので買取価格に影響していましたが、最近は、日本中のオークション会場とネットーオークションの落札結果を比較的簡単に見れますので、車買取店のネットワークが大きいほうが良い、という定説は消え失せつつあります。

車を買い取る⇒オークションで売る

「車を買い取る⇒オークションで売る」この車買取店のスタイルが変わらない限りは、買取店がオークション会場での落札価格より高値で買い取れる、なんて夢のような話は、普通ありません。

この車買取のビジネススタイルは、どの車の買取ネットワークでも基本的には同じなので、買取店が色々なことを言ってはきても
「差はほとんどない」というのが実態です。

車の買取店で使われるセリフ ⇒ 99%嘘ですね。

車買取店のビジネスは、「買い取った車⇒オークションで売る」というスタイルですが、この事を車の買取店はあまり言いたがりません、なぜでしょう?

それは、他店と同じになってしまい、オリジナリティーがなくなってしまうからです。

車の買取店は「当店は他店とは違う!」ということをアピールしたいので、

「ちょうど、その車を探していたお客さんがいるんです」
(あなた車を探していた!!!)

偶然、探している車の車種・グレード・色が、今あなたが買取依頼した車とピッタリ一致、「お客さんから頼まれている車にピッタリです、今ならかなり高く買い取れます、是非売って下さい!」「お客さんが他で買ってしまうと高値で買取できなくなります」といった事をいうことがあります。

100%嘘とはいいませんけどね、そんな都合よく見つかるワケありませんよ。

そんな簡単にベストマッチする事が多いなら、オークション会場で車を売りませんって、直接お客さんに売った方が儲けが多いんですからね。

そもそも、カーオークションは「中古車販売者がベストマッチする車」を探すための場所でもあるんですから、そんなホイホイ車が見つかってはオークション会場のほうが大変なことになってしまいます。

こんなセリフ(似たようなセリフ含む)を鵜呑みにして、「えっそうなの!じゃ、買い取って下さい」なんてことにならない様にしましょう。

それから

「直接販売が多いので、他店よりも高値で買い取れます」
(他店とは違うのだよ他店とは!!!)

大きな中古車販売店や中古車展示場を持った買取店でよく耳にするセリフです。

お店の言ってくることは

「車を買い取っても他店のようにオークションで販売しないので、オークションの手数料や車の搬送といった車の売る費用が掛かりません」
「販売や買取に必要な書類等の作成も自社で行い、コストを削減に力をいれていますから、他店より高く買い取る事が可能です」

ということなんですが、100%嘘とは言いませんよ、でも、すごく曖昧な話で、どうとでも言える話なんです。

もう、おとぎ話や作り話のレベルの内容です、じゃその分いくら高く買い取れるの?と意地悪な質問をしてみて下さい、本当にコストを削っているなら、常にどのくらい高値で買い取っているのか、金額が出ているはずですよね。

こういった使われることが多いこういったセリフには、ほとんど意味がないので鵜呑みにしてはいけないのです。
まぁ「聞き流せば、どうということはない!」という事です。

●買取査定が時間の掛かる理由 ⇒ 他店の値段を知りダケ

「当店は、独自の査定システムで高値買取を実施しているので、査定に少しお時間を頂きます」「いいお車ですね、高く買い取らせて頂きたいのでしっかり車を拝見させて頂きます」

実際に買取店査定に入ると、「車の隅々をチェック、点数をつけて査定表を作って説明して…」といったことをしますから、金額が出るまでに結構な時間が掛かります。

でも、車の買取上限は、ある程度最初から決まっているわけですから、なんか変ですよね

実は買取店が本当に知りたいのは、買取金額ではなくて、

「他店がどのくらいの値段で話をしているか?」
「どのくらいの金額なら売ってくれそうか?」


だけと言っていいでしょう、そこには買取相場や査定も意味がないんです。

実際の査定の行動は、そのほとんどが、「安く買い取るためのポーズ」です、ホントの査定は1〜2分あれば終わります。

まぁ、これを査定と言っていいのかどうかは疑問ですけどね、査定ではなく買取金額といったほうがいいかもしれないです。

日本には、「JAAI 一般財団法人日本自動車査定協会」といった組織があって、そこでは査定士の認定や査定方法がありますが、もし、すべての車をあの通りに査定していたら、時間が掛かりすぎて、大変なことになってしまいます、たぶん、それほど時間を掛けずに経営が傾くこと間違いなしです。

ちなみに、よほど特殊な車ならともかく、日本車の販売車種は上位の30種(130種くらいある)で、ざっくりですが70%占めています、10台査定があっても7台は見慣れた車なわけです。
毎日、査定をしていれば、特にプリウス・フィット・ノア/ヴォクシーといった人気車なら、お店の駐車場に入って一目見たけで、大体の金額はわかりますし、車の周りを一周して、室内をサクっとみれば、ほぼ正確な金額をだせます。

査定に時間をかけるのはお客さんから情報を引き出そうとするためで、平たく言うと、ただの時間稼ぎです。

●車の買取店ホンネ ⇒ オークションより安く買いたい

車の買取店は「オークションで販売する」というスタイルで商売しているわけです、ということは、どこの買取店も考えている一つだけ

「オークションで売れる車を、オークションより安く買いたい」

これしか考えていません、これが全てです。

もちろんお店ごとに細かな違いはあると思いますが、根本はこれにつきます、あなたの車をオークション会場で売った場合、売主がA買取店だろうがB買取店であろうが、落札価格に差異はないわけですから、それよりも安く買い取っていれば儲けがでますし、そうでなければ損をする。
このことは、A店もB店も変わりません。

同じ車でもオークション会場ごと落札価格の違いは今でもありますが、今はどのオークション会場が一番高値を付けるているか調べることができます。
多くの買取店は一番高値が付きそうなところへ車を出品しているんです。

一番高い買取価格を付けてくれるお店の見つけ方

さんざん、買取店の暴露話をしてきた感じですが、一番高い買取店を見つけるには

「車の買取価格を価格を比較して見つける以外方法はない」

というのが現実で、どこが高い、どこはダメだ、ということではありません。

もしこれ以外の方法があるとすれば「ヤフオクで自分で売ってみる」「個人で買ってくれる人を探す」といった方法しかないと思います。
それでも、本当に高値で売れるかはわかりません。
車の買取業界が出来て20数年たちますが、いまだ、そのような形が広まっていないことを見ると、今のところ「買取店の比較」以外の方法はないように思います。

では、車の買取価格を比較する方法は?

車の買取価格を比較する方法は、「ネットの車買取比較サイトを使って、複数店舗に一度に査定を申し込む」のが簡単で確実な方法です。

ディーラーでも、これと同じような方法で下取り車などを販売しているお店もあるんですよね、つまり「プロがやっている事と同じ」事ができるわけです。

ただ、ネットの車の買取査定というと「めんどくさそう」「しつこいんじゃない?」「なんかコワイ」「お金かかるんじゃない」とか、いろいろな評判や印象があるのも確か、でもね、使う使わないでは買取価格に10万円、場合によってはそれ以上の買取価格の差が出るのが普通なんです。

「まぁ、10万円くらいなら別にいいよ」

という、豪気な漢や女傑な方は、これ以上は読んでもお役にたてません、お付き合いありがとうございました。

そうでない方は、もうしばらくお付き合い下さい。

●買取比較サイトは、個人のミニオークション!

買取比較サイトを利用するという事は、「私の車は、買取価格を比較して一番高いところに車を売りますよ」という事を宣言しているのとまったく同じです。

例えば、ズバット買取比較を利用すると、近隣の数社の買取可能店が表示されます、当然、そのことは、表示された買取店にも伝わりわけですが、どのお店が査定するかまでは伝わらないので、買取店側は車を予想して、どのお店が値段をつけて来るのか予測し、過去の敗戦から「このくらいなら勝てるだろう」という買取価格を提示してきます。

人気車種ではあれば、すべてのお店がそのような行動に出るでしょうから、この時点で高値買取が約束されたようなようなものです。

実際やってみると、例えば5社に買取依頼を出すと、上位数社とそれ以下の所では、買取価格が大幅に違い事が多いです、本気の所とそうでないところの差でしょうね。

これがライバルがいないというなら条件だと、買取店は最下位に近い金額の値段しかつけてこないはずです、理由は「ライバルがいないから」それだけの事、そこには適正価格や高価買取、といった事をするお店はありません。

ネットの一括査定で知っておいたほうがいいこと

車を売るときに車の買取比較サイトを利用して買取査定を申し込む時、すごく大きなメリットとわずかなデメリットがあります、具体的にどういう事なのか説明します

●ネット査依頼の大きなメリット

★車の買取店に安く買いたたかれる心配が99%無くなる!!

車の買取サイトを利用すると、最初に買取希望の車の情報を送信することになります、買取比較サイトへ送信された情報は、そこから加盟している買取店に送られ、買取店はその情報を見て査定をするかどうかを決める仕組みになっています。

つまり、車の買取店はあなたから直接データーを貰うのではなく、一旦買取比較サイトに送られた情報を見て、買取に参加するかどうか決めるわけです。

じつは、この行動そのものが、「安い買取店からあなたを守る」ことにつながっています。

買取店は少しでも安く車を買い取りたい、ですが、ライバル店も同じ情報を持っているので、ここで下手な金額は出せません、下手に安く出すとライバルに取られてしまします。

買取店はライバル店の出す金額を予想しながら、それをわずかに上回る金額を提示しようとします、結果、買取に参加したお店同士で「本気で車を買いたい所が高額査定を付けるしかなくなる」というわけです。
見方を変えると「あまり興味がない」「安く買い取ってやろう」といった買取店は、最初から高値を付けませんので自動的に排除されとも言えます、それから

★面倒な交渉なしに最高価格が出ることが多い

これも、ネット一括査定の特徴です。
もしも比較しないと買取店での金額交渉で、あなたの車が50万円で買い取れる車であっても、店員は「40万円でどうですか?」と言い、「もうちょっと高く買い取ってよ」というと「ちょっと待ってください(裏に行く)・・・店長から、今決めてくれるなら42万円まで出してもよいとOKもらいました」なんてことを平然と言ってきます。

さらに粘ると、「43万でこれが限界です、これでお願いしますm(_ _"m)」といった感じになるでしょう、売り手からすれば最初の40万円が43万円になった10%弱のアップですから「じぁ、それでお願いします」となることが多いです。

50万円で買取が可能な車でも、比較をしなければこんなものです。

ところが買取比較サイトを利用した場合、複数の買取金額の最高金額を、連絡をしてきた買取店に金額をぶつけるだけで、買取金額がどんどん上がっていきます。
上がった金額を次に連絡してきたお店にぶつけ、上がらなくなったら、最初に最高値を付けたお店に金額をぶつけるだけです。
買取店は車を買い取らないと商売になりませんから、確実に買取金額が上がっていきます。

ネット一括査定依頼の小さなデメリット

買取比較サイトを利用するとデメリットがあると感じる人もいるようです。
正直、私にはメリットが大きすぎてデメリットには思えない事なのですが、そう感じる人が多いようなので、どういったことが多いのか説明すると

買取比較サイトを利用すると、「複数の買取店の対応をしないといけないので大変」という事なのです、確かにそうですが、その電話1本で1万円、2万円、ときにはそれ以上買取金額が変わるわけで、それが、そんなに大変なことには思えません。

中にはしつこく連絡をしてくる業者もいたときは、思い切った高値を言えば、簡単に引き下がりますよ、最高値のところが50万なら「80万円で買ってもいいというお店がある」と言えば、スンナリあきらめてくれるハズ。

車の買取金額の上限は決まっているので、普通はそれ以上の金額で買い取ることはあり得ないですからね。

新車や中古車の値引き交渉の大変さに比べれば、買取査定の交渉などカンタンすぎて問題になりません、それでいて金額的な効果は新車の値引き交渉よりも遥かに大きいのですから、利用しないデメリットのほうが間違いなく大きいです。

(おまけ)買取比較サイトを利用しない「最悪のケース」

買取比較サイトを利用しなかったときに発生してしまう最悪のケースとして、「どことも比較せずに新車ディーラーに下取りに出してしまう」といった事でしょう。

はっきり言って新車ディーラーは、買取店の値段以下の金額しか出しません、ほぼ100%と言ってもいいくらいです。

わたしが、国産新車セールス&査定担当だったとき(昔の話ですが千台は超えていると思う)のですが、99.9%買取店よりも高い金額を出したことはありません、具体的にはガリバーよりも高い値で査定したという記憶がないんですね。

これは、私が査定したときには、近くのガリバーにも同時に査定書を送り、ガリバーの買取金額出してもらい、自社での買取金額が追いつかなかったときには「ガリバー車をに買い取ってもらう」という内々の約束をして、買取価格を上げていたからです、こうすればどう話が進んでも、下取り車で損をすることがないですからね。

新車ディーラーの言われるがまま「なんとなく下取りに出してしまった…」なんて人の、ほとんどは損していますよ。

「ディーラーには、メーカーから下取り対策(下取り車の報奨金)というのがあって買取店より高く成ることがあるよ」という業界に詳しい人が言いそうですけど、そんなときは買取価格は入れずに、その報奨金を値引きアップに回して「値引き思いっきり頑張りました、ただ、この値引きは下取りがある場合の値引きですよ」とやるのがディーラーです。

こういった対策金を下取り車に充てる時には、「どこも買い手がないようなお車」
の場合のみ、下取り価格として提示します、そのほうが有利ですからね。
これなら買取店を上回る事も可能でしょう。

ネット一括査定はどうやればいい?(ズバット車買取比較)

初めてネット一括査定をするのは、ドキドキするものですが、ところがやってみると予想外に簡単なので驚く人や拍子抜けする人も多いです。
そこで、今業界で急成長中のズバット車買取比較を例に、ネット一括査定のやり方を簡単に説明します。

@ ズバットへ申し込み ⇒ 車の情報と連絡先の情報を入力
ズバット車買取比較の場合、車の情報と連絡先の入力をします、本当に必要事項だけなので、1分もあれば終わる簡単さです。
しいて言うと、その車の登録年月が、難しいとこかも、ただズバットの場合「わからなければテキトウでよい」となってます。


A 買取可能な会社が一覧で買取店を選ぶ⇒できるだけ多いほうがいい
買取可能の会社が出てきたら、チェックを入れていきます、査定依頼はチェックを入れたところにだけ連絡がいくようになっています。
この場合、特に何もなければ「全てのお店にチェックして査定依頼をする」のが正解です。




入力後、画面下の【一括査定依頼】すると…



こんなページになって、依頼完了です。
ここまで、くると後は「嫌でも現実が流れていく」ので、流されていれば高価買取が実現しますが、その後の流れも補足しておきますと

B 自動返信メールが来る⇒メールアドレス登録間違いに注意
査定承りました〜、という感じのメールが来ます、このメール自体は特に意味のあるものではあり依頼した査定会社から最長でも2日以内に連絡がもらえるはずです。

C 電話で車の値段を教えてもらえる⇒依頼した会社の値段を聞いて比較
早い店なら、Bのメールから数十分以内に電話が来ます、「査定をお願いする時には2日以内にご連絡を差し上げます、ご連絡がなかった時には今回は縁がなかったということで、宜しくお願いします。」とでも言っておけばいいでしょう、他店の出そろうのを待ちます。

D 査定日を決める⇒納得出来そうな買取店へ依頼
査定をしてもらう買取店に連絡してあげましょう、査定は何社に依頼してもいいんですが、参考までにいうと、最高値からこの時点での上位3社くらいのどこかに決定することが多いです、ご自身が納得出来るように買取店を選ばれるのいいと思います。

E 一番条件が良かった所へ売却⇒売買契約を交わす
一番条件の良かったところ、売ってあげたいお店に連絡して、その旨を伝えましょう、ここから先は、そのお店のスタッフが進めてくれるので、お店に任せてしまえばいいです。


ホームへ戻る

中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.