ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >新車と未使用車の違い

新車と未使用車の違い

最近の中古車店で見かける未使用車。
特に軽自動車に多いのですが

未使用という事は使っていない車ですが、「それって新車と何が違うのか?」こういう疑問が当然出てきます。

未使用車と新車は何がちがうのか、未使用車ってどんな車、選ぶとき気を付けたいことは、など新車とてもよく似ている未使用車について説明していきます。

未使用車と新車の違い

未使用車と新車の違いは、結論から言いうと

値段

まず、車の製品としての品質は「ほぼ同じ」ですから、違いはありません。
商品の品質イメージは「新車と同じ」と考えて差支えないと思います。

その一方で、大きく違う事として「車検期間」「保証期間」「購入時の費用」「値引き」「売っているお店」という点です。

この新車と違う点について、なにが違うのか説明していきたいと思います。

未使用車と新車で品質の違いはない!

次の車検まで早い?

未使用車は新車と違い、次の車検までの期間が短くなっているのが普通です。

短くなっている理由は、車は使っていなくても、ナンバーを取得してから3年で車検期日が到来するからです。
未使用車はナンバーを取得してから展示されているので、展示期間分だけ次の車検迄の期間が短くなっているわけです。

展示期間が長い未使用車ほど車検までの期間が短い

保証期間が短い?

車の新車保証は「走行距離」と「登録してからの期間」の二つで保証期間を設定します。
2つの基準のどちらが到達した場合、保証が切れるというシステムです。

例えば、メーカー保証の期間が5年間又は10万キロといった場合、3年しか乗っていなくても、走行距離が10万キロを超えた時点で、その保証は切れることになります。

未使用車の場合、走行距離については新車と同じでいいと思いますが、使用期間はナンバーを付けて日が基準となるので、保証期間はその分短くなっているはずです。

保証期間はナンバーを付けたときから始まる!

購入掛かる税金が新車より安い

未使用車が安い理由に、「購入時の税金が安くなる」という面があります。

車を購入するときに必要な税金や費用は

・重量税
・自動車取得税
・自動車税
・自賠責保険料
・リサイクル預託金

といった項目にがあり、それぞれにお金が必要です。

新車の場合は、規定によって金額が決められていて、普通は「満額」が必要なります。
ところが、未使用車の場合は、中古車扱いなので、税金そのものが割安になったり(自動車取得税)、購入時の車両価格に含んでいる(重量税・自賠責保険料)といったケースがあり、新車購入時と金額を比較すると、かなり安くなることがあります。

ただ、未使用車の販売店によっては「お客さんお無知に付け込む」ような感じで、新車並みの費用を請求するお店もあると聞きます。
業界の黒い部分なので、検討時には、ちょっと気を付けてほしいところです、この件は別で詳しく説明してみたいと思います。

未使用車の購入費用は新車よりも安くてお得!



NEXT⇒未使用車の値引きとお店の種類

BACK>>前のページに戻る

関連ページ


新車購入の疑問 >新車と未使用車の違い




愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。


 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.