ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >2018年の自動車保険はセゾンがNo1だと思う理由

自動車保険をセゾンに決めた理由

毎年自動車保険は比較してから、どこに加入するか決めていて、今年は比較した結果、6年ぶりに保険会社を変える事になりました。

比較する前は、「まぁ今年も去年と同じだろう〜」と思っていたのですが、じっくり検討すると、明らかに変えたほうがメリットがあることがわかったんです。

保険料の差は少なかったが…

自動車保険等級はが20等級、しかも40代で車もオンボロともなると、目いっぱいの車両保険で、なんでも保証してしまうような、すごい手厚い保険にでも加入しない限り、いくら通販の保険でも「〇万円も安くなった!」というようにはなりません。

まして通販系の保険会社のみで比較すると、そんな差はまずでないですが、それでも数千円の違いは出てしまうわけですが。

2018年の自動車保険料は、価格コムを利用してみました、最大8社とのことですが、加入中のSBIを除いて、3社から見積もりを取り寄せられました。

保険条件
・対人:無制限
・対物:無制限
・搭乗者:1000万円
・人身傷害保険:3000万円
・車両保険:なし
その他の条件
・年間走行距離:16,000km以上
・免許の色:ゴールド
・年齢条件:35歳以上
・運転者:本人限定
・特約:ファミリーバイク特約(原付保険)

ファミリーバイク特約は、価格コムcomの一括見積依頼時には設定できなかったので、あとで保険会社のマイページから入力して金額を出しています。

自動車保険見積結果(価格.com自動車保険)

1位 セゾン と SBI(29,260円)
2位 三井ダイレクト(30,170円)
3位 チューリッヒ(32,540円)

なんと、1位のセゾンとSBIがまったく同じ金額です、去年までなら「また同じとこでいいかぁ〜」となるんですが、セゾンのサービスをみてびっくり

セゾンなら事故現場にアルソック隊員が来る(無料)

セゾンなら、万が一の時に、アルソック隊員をサポートで呼ぶことが出来るのです、しかもこれ、特別な契約でなく、セゾン保険加入者全員が対象でしかも

無料です

スゴイ、事故の時の状況をセゾンが調べたところ下の感じということも、アルソックと提携した理由との事なんですが↓

たぶんこれ物損事故(モノだけ壊した事故)も入っているのではないかと思います、私の経験では、人が倒れたり、血が出てたりする「人身事故」だと、頭が真っ白になって、何をしていいかわからない、という人がもっと多い感じがします。

アルソックの「事故現場安心サポート」では、隊員が来てくれるだけでも、かなり安心ですが、隊員が事故のアドバイスはもちろん、現場での再発防止策(安全の確保)、救急車の手配、事故状況の確認、現場写真の撮影、保険会社への連絡、事故相手からのヒアリングといったことまで代わりにやってもらえるんです。

事故の時は「お金を払ってでも誰か頼れる人に来てもらいたい」と思う人は少なくないと思います。

これ以上のサービスってあるのかな?と思うくらいです。

つながるボタンで保険会社に即つながる(無料)

さらにダメ押しが「つながるボタン」を貰えること

これは、事故の時にサポートセンターへ連絡するための直通ボタン。

ボタンを押すと、スマホのアプリの「つながるアプリ」から、事故受け付けセンターに連絡が入り、事故の位置はもちろん、契約車情報や契約内容が自動的に連絡されるので、必要なサポートをスムーズに受けることが出来きるという、素晴らしいシステムなんですが、それがなんと

全員またも無料

なんですよ、スゴイですよ。

保険の比較は金額と内容どちらも重視

セゾンの内容を見るまでは、「自動車保険なんて金額以外はどこも似たようなもんだ」というのが私の持論でした。

例えば、「万が一の事故の時、サポートセンターのプロのオペレーターが適切なアドバイス・・・」なんて感じの説明があるじゃないですか、でも、このサービスをやっていない保険会社ってあるの?って思ってるくらいでしたから。

代理店系、通販系ともに、どこの保険会社もやっていることは同じ、文章を変えてるだけというのが私の本音だったのです。

でも、今回セゾンの「つながるボタン」と「つながるサービス」を見て、考えが変わりましたね。

値段だけじゃなくて、保険会社のサービスもチェックを入れないとだめってことが何年かぶりにわかりました。

そのサービスが、事故の対処直結ならなおさら、事故に会うのは嫌ですが、ちょっと安心できる自動車保険に入った気がします。

保険比較サイトはどこも同じになってきた

一昔前の自動車保険比較サイトの、分かりやすさ、入力のしやすさ、なんかの違いがあって、けっこう特徴があったんですが、最近はどこでやっても大差ないような感じ。

もちろん、保険契約そのものは、どこのサイトを経由しても同じです。

確実に得したいならインズか楽天、豪華賞品なら価格com、時期によって保険Bangといった所だと思います。

一通り覗いてみて一番得しそうなとこで見積もりを申し込むが良いでしょう

保険の窓口 インズウェブ 最大20社の見積もりが可能 
全プレ(500円程度の商品券)がある、登録している保険会社が一番多い

楽天 保険一括見積もり 最大8社の見積もりが可能 
見積もり後のアンケートで楽天スーパーポイントをもらえたり、楽天保険経由で契約するとプレゼントがもらえたりする、ポイントやプレゼントを現金と考えると、普通に入るよりもけっこうお得な事が多い

価格.com自動車保険 最大8社の見積もりが可能 
抽選で豪華プレゼントがあたる(家電が多い、1万〜5万円くらい)キャンペーンを一年中やってる、2〜3カ月ごと商品が変わる

保険Bang最大17社の見積もり可能 
インズの次に保険見積もりできる会社が多い、たま〜にプレゼントをする時がある

BACK>>前のページに戻る

関連ページ


新車購入の疑問 >自動車保険見積もりを依頼する時のポイント




愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。


 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.