ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >新車半額のデメリット

新車半額のデメリット

新車半額メリットもあればデメリットも有ります。
月々少ない支払いで「新車に乗れる」という話なんですが、実は支払額総額で考える安くないというのが、新車半額の実態です

新車半額は、普通に買うより高くなる

絶対に普通に買うより高くなる

「新車半額」は、普通に買ったときより、総支払額では高くなります。

新車の購入で総支払額で比較したとき、よほど特別な場合以外は、現金で買うのが一番支払いが少く、新車半額で買うのが一番多くなるはずなんです、現金で買うより安ければ、新車半額はもっと売れてるはず。

これは単に値引き額の事ではありません。
新車を買った時の、値引き額、手数料といった、新車を買うときに必要な全ての費用を含めた支払い総額のことです。

さて、なぜ一番高くなるのかというと、普通の新車半額の場合、「払っていない分に金利が掛かっているから」です。

下図は140万円のうち70万円を最後に払うという「新車半額」のパターンです、ローンを払っていくとピンクの部分が減って行って最後はゼロになるのが普通のローンです。

新車半額の場合は、最初から半分近くのローンを組んでいないので、最後まで払ってもゼロにはなりません、この残ったピンクの部分についても、支払い利息が掛かるので、普通にローンで買うよりも沢山の支払い利息が必要になるわけです。

つまり、最後払う金額が大きいほど、支払い利息は沢山必要になって、そのぶんだけ支払い総額は上がるのが新車半額です。

一部の新車半額のところでは「残価に金利は掛かっていません」という所もあります、そのカラクリは後ほど説明します。

値引きもあります!(金利高いけどね)

新車半額では「値引きはない(少ない)」と先に言いましたが、普通に新車を買うときのように「値引きも有りますよ」という新車半額を売るお店もあります。

こういうお店は、金利が高い場合が多いですね。

一般的な新車が半額で乗れるは、通常のローンよりも金利が高く設定されていることが多いですが、それよりもさらに高く設定している場合があります。

新車半額で買う場合、フルローンを組むことになるので、少しの金利アップでも、支払い手数料(支払い利息)が大きく変わります。

金利はディーラーと変わりません!(値引きありません) 

新車半額では、「ディーラーの金利と差はありません」とか「残金(最終回分)には金利・手数料は掛かけていません」なんてお店もあります。

この場合には、新車値引きがなくなっているハズ

ディーラーとの金利の差がない?というのはわからなくもないですが、残金に金利が掛からないというのはありえないです。

どちらのケースも金利は別計算をしてキッチリだしています、が、お客さんには請求せず、お客さんの代わりにローン会社に支払っているんですね。

でも、このままでは差額を支払った分、赤字になってしまますから、新車値引きをゼロ円にしたり少なくして、そのお金をひねり出しているというわけです。

最終的な支払総額まで考慮すると、値引きがあろうが無かろうが、大差はないというの新車半額の実態になります。

査定をして残金の価値を下回ったとき費用が発生

新車半額では、ローンの最終回に車を「手放す」「持ち続ける」の選択をしなくてはいけません。

車を持ち続けるのなら、残金について新たにローンを組めばいいですが、手放す時は査定をして買い取ってもらう必要があります。
この時に、査定額が残金を下回っていると、その分について請求されてしまうんですね。

こういった事が起こらないように、車代を半額(50%)残すのではなく40%や30%にしておく事も出来ますし、買取額保証型といって3年後の買取価格を保証する方法=買取額保証型という新車半額もあります。

買取額保証型は、金額が高くなっています

新車半額では、期間終了後の査定価格を保証して、追加の支払いをしなくてもいい買取額保証型というタイプがあります、クローズエンド方式なんて呼び方をするときもありますね。

この方式なら期間終了に追加金がなくて安心です、ただ、そのぶん月々の支払いがかなり高くなっていることが多いですよ。

また、新車の残価設定が30%しかなかったり、金利が通常より高かったり、メンテナンスパックに入る必要があったりと、契約になにかと条件がついているケースもあるようですから、利用の際は、しっかりと比較検討をしたほうがいいでしょう。

NEXT>>新車半額が向いている人  BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >新車半額のデメリット




愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.