ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >>リコールが出たけど大丈夫?

リコールが出たけど大丈夫?

自動車のリコール最近多いですよね。
日本もアメリカも、なんかリコールのラッシュになっています。

高いお金を出して買った新車がすぐにリコールになるなんて、やりきれない思いをする人もいるんではないでしょうか?(特に今はH車)
リコール=欠陥車、という厳しい見方のお客さんもいます。

最近、とても多い自動車のリコール、リコールとはどういうものなのか?
どう対応すればいいのか?少し説明してみたいと思います。

リコールとはなにか?

自動車のリコールは国土交通省が管理しています。
国土交通省いわく

「リコールとは、設計・製造上の問題により安全確保のため自動車メーカー等が国土交通省に届け出て、自動車の回収・修理を行うものです。この他にも改善対策、サービスキャンペーンといった改善措置があります。(抜粋)」
自動車のリコール・不具合情報

となっています。

ホンダのリコール制度のページには、リコール以外にも改善対策・サービスキャンペーンについても説明されていて

リコール制度・改善対策制度とは
事故等を未然に防止し、自動車ユーザー等を保護することを目的とするもので、これらの制度の適切な運用と情報提供を通じて、自動車交通の安全確保及び公害防止に努めます。

<リコール> 自動車が道路運送車両の 保安基準に適合しなくなるおそれ がある状態で、その原因が設計または製作の過程にある場合、国土交通省に届け出て自動車等を無料で修理します。

<改善対策> 保安基準不適合状態ではないが、安全上または公害防止上放置できなくなるおそれ があり、その原因が設計または製作の過程にある場合、国土交通省に届け出て自動車等を無料で修理します。

<サービスキャンペーン> リコールまたは改善対策に該当しない場合 であり、商品性や品質の改善のためにメーカーが行う修理・改修で、国土交通省の通達に基づく制度です。 (ホンダリコール情報から抜粋)

なんかわかりにくいです。

超要約すると、リコールは、もしかしたら不具合が出るかも?しれないので無料で直します」ということです、あくまで「かも?」なので、ぶっちゃけ「でない」場合がかなり多いです

リコールが出たけど大丈夫?

リコールが出たけど、大丈夫?欠陥車じゃないの?

ユーザーとしては当然の疑問ですね、大丈夫なのか心配になるのは当然ですが、実は「欠陥車じゃないのか?」と不安になる人もいるでしょう。

ちなみに、リコールについて、ディーラーセールス・サービススタッフは絶対に「欠陥」なんてコトバは使いません。
彼らに責任があるわけではないんですけどね、あくまでリコールそのものはメーカーの責任です。

さて、リコールは、言い方を変えても、設計や製造時に不備があってリコールになるわけですから、欠陥に違いないと思います。
設計ミス?製造ミス?いずれにせよリコールは欠陥ですね。

ですが、リコールといえど人間のやること。
完璧を求めすぎるのもどうかと思います、自動車は2万個から3万個の部品が使われていいて、それぞれが上手く組み合わさることで初めて機能する大きな精密機械です、不具合がまったく出ないほうが怪しいかもw

実は、自動車メーカーも昔はリコール問題を軽視していた時期もあり、リコールの発生が今よりも少なかった時があります。
そんな時に、あるメーカーが意図的にリコールを隠して、社会問題となった事があります。参考-三菱リコール隠し(wiki)

その結果、他の自動車メーカーも叩かれ、リコールに対して厳しい目が向けられるようになりました、メーカーはリコールに神経質になった事はいうまでもありません。

たとえば、カナダでブレーキ関連が凍結してブレーキが効かなくなるかも?という不具合がでてリコールとなった車があります。

日本で走っている同じ車もリコールの対象になり実施したわけですが、実は凍結する時にの温度がマイナス40度以下という話だったのです。

日本の最低気温の記録は、1902年、北海道旭川でマイナス41度だそうなので、日本最低気温なみの寒さで、「凍結するかもしれない」という話になります、もちろん日本で凍結した事例はありません。
にも関わらず、メーカーは万が一を考えてリコールを実施するわけです。
(カナダだけでやればいいのに…というのがディーラー側の意見ですが…)

リコールは欠陥には違いないですが、それはリカバリー出来る問題で、さほど神経質になる必要はありません。
それにリコールを実施することで車の品質が高まることは間違いないですよ。

リコールへの対応

リコールは、メーカーが国土交通省にリコールの申し出をし、国土交通省の確認指導のもと、新聞やTVなどを使って報道され、近日中に該当車のオーナー宛に通知がされるのが一般的です。

リコールについての対応は、その通知に全て記載されているので、それにそって行動すればOK
リコールは無料(メーカー持ち)で受けることができます。

「リコールを実施(作業)すれば車の品質が高まる」書きましたが、実施していない車は、実施していない車と比べれば「欠陥車」ですから、リコールの案内がきたら、面倒ではありますが必ず実施しましょう。



リコール情報

自動車リコール・不具合情報(国土交通省)
トヨタリコール情報(トヨタ)
ホンダリコール情報(ホンダ)
日産リコール関連情報(ニッサン)
MAZDAリコール等情報(マツダ)
富士重工業オフィシャルサイト リコール・改善対策情報(スバル)
リコール情報(ミツビシ)
リコール等情報(スズキ)
ダイハツリコール等情報(ダイハツ)

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >>リコールが出たけど大丈夫?



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.