ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >マイナーチェンジとかの車用語の意味

マイナーチェンジとかの車用語の意味

車の用語でよくある、マイナーチェンジ、モデルチェンジといった、用語の意味を説明します。

マイナーチェンジ・モデルチェンジ以外にも言葉がある

高速道路で通勤するのならともかく、一般道で片道20km程度の通勤、セダンタイプの軽自動車が最強です。
日頃のお買い物といった、日常使いにおいても、その使い勝手はバツグンです。

日常や通勤で使う機会が多いと、走行距離が増え、そのぶん車の消耗が多くなりがちでメンテナンス費用が掛かるようになりますが、もともと軽自動車は普通車よりも、メンテナンス費が安く、車も軽いせいか消耗も少ない感じがします。

そして、軽自動車は中古車になっても人気があるので、将来の下取り価格も期待できます、多少走っても買い替えの時に有利になることがとても多いです。

燃費も、最新のハイブリット車にはさすがに及びませんが、エコ運転を心がければ、かなりの低燃費を実現しています。
小回りが効き、運転しやすいので、日常や通勤で使う車としては最適といえるでしょう。

ただ、軽自動車は高速走行が、ほんのちょっと苦手なので、高速道路をガンガン走りたいのなら1500cc以下のコンパクトカーもいいです。

軽自動車:N-BOX・ワゴンR・ミラ・イース
コンパクトカー:アクア・ノート・フィットHV

一部改良

一部改良は、「車のどこかをちょっと変えました」という時に使います、購入したお客さんから「ご不評」を頂いたりした時に、「直した」といわずに「改良した」と言うわけです。

例えば、「ドアの取手を少し丸くした」「シートの生地の模様をちょっと変えた」といった、車の品質には大きく影響しないような事柄が多いです、頻度は半年に一回程度なので、かなり頻繁に行っています。

特別仕様車&特別車&限定車

特別仕様車は「特別!」なんて文言が入ってるので、なんかスゴそうに感じますが、90%は大したことがないケースが多いです。

そのなかでも「○○だけの特別仕様車」「今だけの特別車」「週末限定車」なんていうのは、ほとんど地元のディーラーが、今までの車にテキトウに手を加えて、お買い得感を出して売っている車です。

その一方、メーカーが出す特別仕様車や限定車は、「ほんとに特別」という事もたまにあります、もっともそれは高級車の場合や、特殊な車の場合がほとんどで、一般的な車の場合は、「売れ筋のアクセサリーを最初から付けて販売した」という程度の事が多いですね

追加モデル&追加グレード

車は、価格によって装備品が違いて、そういった違いをグレードとよんで車をワケています。
グレードは価格が高くなるほど、車についてくる装備も良くなってくるのが普通ですね、グレード言ったりモデルと言ったりするので、ちょっとわかりにくく感じますが、平たくいうと「その車種には今までなかった装備と価格の車が登場する」という事にです。

車が誕生して、時間が立てば立つほど、いろんなクレードやモデルが出てくることが多いです、また、特別仕様車を出してみて反響がよかったので、特別仕様車ではなく追加モデル・追加グレードとして発売するようにした、というケースもあります。

マイナーチェンジ

マイナーチェンジは、一般的に2−3年で一度おこないます。
マイナーチェンジは、「今まで不評を一気に治す」ことと「車の外観にも手を加えて価値を高めライバルよりも有利になる」といった意味で行われます。

マイナーチェンジは内容に差はありますが、概ねかなりの部分を変更するので、ついでに?値引きも絞られます。
車によっては印象がガラリと変わることもありますが、多くは「言われないとわからないかもしれない」といった程度のことが多いです。

あんまり変わっていないように見えても、ディーラーでは「新型になりましたから」といって値引きをなんとか絞ろうとする事が多いです。

モデルチェンジ

モデルチェンジはマイナーチェンジを2-3回した後に行われる、大改造と言ってもいい内容です。

モデルチェンジをした場合、別の車に生まれ変わると言ってもいい内容が非常に多く、見た目もかなり違ってくるので「まったく別の車」に変貌する事が多々あります。

エンジン、ボディー、概観、内装のほとんどに何らかの手が加えられ、車名は引き継ぎますが、別の車になっているわけです。

モデルチェンジをすると、値引きは一気に激渋となります。

新型車・NEWモデル

新型車やNEWモデルの登場といった言葉は、「いままでこの世に存在していなかった車を新たに登場させた」時に使います。
売れ行きにもよりますが、トヨタ・ホンダ・ニッサンといった大手で年間数タイプ、他のメーカーでは、1年で1タイプやればかなり多いほう、メーカーによっては「数年間新しい車を登場させなかった」というケースもあります。

新型車の場合は、新車値引きが激渋中の激渋となります。
モデルチェンジの場合、多少他社の同タイプの車の値引きを考慮しますが、新型車の場合は「ほとんど考慮しない」というのが一般的、ゴーングマイ・ウェイ、我が道を行く、天上天下唯我独尊状態なので、値引き重視の人には大変ん不利な時期となります。

BACK>>前のページに戻る

関連ページ


新車購入の疑問 >マイナーチェンジとかの車用語の意味




愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。


 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.