ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

交渉のコツ >経営が同じお店では商談しない

経営が同じお店では商談しない

新車の値引き交渉するときに、お店同士で値引きを競わせることは必須条件です、でも、もしそのお店が同じ経営の場合はかえって逆効果になります。

経営が同じお店とは?

経営が同じお店というのは、親会社が同じという会社です。



こんな感じで本社が同じなら、営業同士でお客さんの情報のやりとりをしています、ユーザー情報はもちろんですが、見込み客情報も共有していますね。

こんな場合、掛け持ち商談して安いお店から買おうとしても、その情報は筒抜けになっているの、メリットどころかデメリットにしかなりません。

それと、これはお店同士やセールスマン同士で値引き合戦を防ぐと同時に、お客さんの取り合いのトラブルを防ぐことにもつながっています。

かけもち商談だと見ぬかれてしまったら・・・

掛け持ち商談おいうことがわかると、お客さんのいないところで営業所同士の話し合いとなります。

・どちらのお店が担当するのか?
・値引き条件はどうするのか

を相談をして、お客さんの担当を決めてしまい、時には、値引の上限まで決めて、お店やセールスマン同士のトラブルを防いでいます。
お客さんから見れば、「どっちで買っても同じ会社なら同じでは?」と感じるかもしれませんが、現場のセールスマンとお店は、個人評価やお店の成績が掛かっているので、けっこうキッチリやります

また、商談が進んでいたときに、掛け持ちということがわかると、どちらかのお店が必ず降ります、その時にそのお店が出していた条件を履行してくれるかはわかりません。
(大抵は履行してくれますが、そうでない場合もあります)

こんな感じで、経営が同じお店での競合は、上手くいかないことが多いので避けたほうが無難です。

一度、こうなってしまった場合は、たとえ『もう片方と商談はしません』といっても、双方のお店とも、あまりいい顔をしませんから、冷却期間を2〜3ヶ月おいてから再度商談したほうがいい場合もあります。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >経営が同じお店では商談しない



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.