ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >新車はローン・現金どっちが安い?

新車値引きはローン・現金どっちが多い?

新車をローンで買うか、現金で買うか?
悩んでいる人も多いのでは?
せっかく買うならお得な方で買いたいですからね

新車購入では、「現金一括で買うから値引き頑張って?」とか「現金で買うほうが安くなる?」という言うお客さんもいます。

新車購入は「ローン」それとも「現金」いったいどっちがお得なんでしょう?

ローンのほうが値引きが多い

ローンのほうが値引きが多い時がありますが…

新車の商談では、『現金で買うから値引き増やして!』 という事をたまに言う方がいました。

それと『新車って現金で買うほうが安く買えるの?』という質問が多いんですが、ディーラーの立場から言うと、『現金で売るよりもローンの方が儲かる』というのがホントのところです。

ですから、現金で売るよりも、ローンで売るほうが儲かるのですから、その分値引きをすることが可能になります。

逆に、現金の場合は『値引きが少なくなる事はあっても増える事はない』とも言えますね。

もし、現金のうほうが安くなるような事を言っているセールスは、会社の仕組みをしらないか、話を合わせているだけと思いますよ。
それとも、その会社が『何かの理由で急いで現金が必要』なのかもしれません。

現金購入とローン購入では、値引きが入った支払利息まで含めた『支払総額』が入った見積書で比較して見てください。
支払総額は『現金の方が安くなっている』はずです。

ローンのほうが現金よりなんで儲かるの?

セールスマンがやたらローンを薦めてきた・・・

こういう経験をした事がある人多いと思います。
これは、会社がセールスマンにローン金額のノルマを与えているからです、『ローン目標一人○○○万円!』なんて目標をセールスマンに与えます。

ディーラーにとってのローンのメリットは

1、代金の回収が確実(ローン分はローン会社から入金されます)
2、回収が早い(遅くとも1月内にローン会社から入金があります)
3、バックマージンがある(そんなに大きくはない)
4、金利差が儲かる(金利の差で儲かる-これがデカイ)

こういった事があるので、ディーラーはセールスマンにローン金額の目標を設定すして、ローンで車を売らせようとするわけですよ。
正直、下っ端セールスでは、このあたりの事情は、まったく知らさせないお店も多いと思いますよ。

さて、注目したいのは4の金利差で設ける部分です

これは、信販会社からは、「2.9%以上の金利でローンをお願いします」、と言われた時に、「よし!じゃ4.9%でやることにするか」としましょう。
この場合、差の2%がディーラーの利益となります。

では仮に、車10台分で、総額2000万円、支払い期間は5年間といったローンの場合、金利の差が2%ならどのくらい儲かるか?

2000万円の2%で40万円の金利差の収入? いえ違います、計算は省きますが、この場合は大体100万円前後がディーラーの儲けになるんでね。

これ以外に、バックマージンがあったりもするわけですから、ディーラーがローンを積極的に進める理由はお分かりいただけるかと思います^_^;

最初は「ローンで買う」と言いつつ「やっぱ現金」が正解

新車の商談では、現金で買うほうが値引きは不利です。
商談開始早々に「全額現金で買う」というのはあまり言わないほうが良いかもしれませんね。

では、ローンを使いたくないけど値引きは欲しいという場合

最初に目いっぱいのローンを組んで買うと言って商談を開始します。
ローン金額は多いほうがディーラーは儲かりますからね、その分値引き枠が増える可能性は上がります。
当然、セールスマンは「ローンで購入での値引き額」を頭に入れて商談をしてくるでしょう。

そして、「値引き金額がもう限界」「血も涙も出ない」という状況になってセールスマンが会社に泣きついてきます。
すると、会社ではローンの金利差額の利益まで含めて、その車でいくら儲かるか計算してから、値引きのアップ額を決める場合があり、それで出た限界突破の金額をセールスに伝えます。

その金額を聞いた上で、契約直前・まさに寸前・もうハンコウをおす直前に「すみません現金でないと買ってはいけないことなりました・・・」といって現金支払に変えてしまいす。

理由は、「親に怒られて・・・」「家訓で・・・」とか適当な事を言えばいいです、テキトーなセールスマンなら、「いいですよ」とサッサと話をすすめるでしょうし、「ちょっと聞いてきます」となるでしょうが、まぁ、現金じゃなきゃ買ってもらえないならしょうが無いな・・・やられたかな・・・と会社もなるかとw
(このあたりはセールスマンの範疇を完全に超えた話になります)

そうは言っても現金がないよ〜 という人は「農協・銀行」などのディーラーのローンより安いマイカーローンを利用して現金を用意するのも方法です。
ただ、この方法は、かなりセールスのプライドを傷つけ、社内での立場を悪くすることがあります、セールマンによっては『契約は無効』といってくるかもしれません。

こういう場合の対処法は、他のローンを使った理由を、断りにくい、利害関係のある人間関係をでっち上げることです。

例えば、『親の勤務先上司の関係』『勤務先での取引の関係』とかです。
セールスマンにとって、会社の上司に話せる筋の通った理由があれば、プライドはともかく面目は保てます。

さて、長々と話してしまいましたが話を最初に戻しますと、最初から「現金で買う」ということで話を進めるとどうなるか?
まずこういった、駆け引きの段階までは辿り着かないです。

新車購入の商談では、『ローンは使うつもり』ということで話を進めるほうが値引きが多くなる事が多いと思いますよ。



あとちょっと補足ですが、この方法は『セールスマンに社内である程度の力が必要』です
力のない新人セールスとかは、商談に詰まるとすぐに上司に値引き条件相談に来るのですが、それでもなかなか契約できないので、上司や会社が取り上げない事が多いです^^;  ガンバレ新人

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >新車はローン・現金どっちが安い?



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.