ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >新車のボディーコーティングはしたほうがいい?

新車のボディーコーティング
したほうがいい?

新車のボディーコーティングは、ボディーやガラス面に行う表面処理で、「ボディーコーティングはボディの塗装保護」「ガラスコーティングはガラスの撥水性アップ」が主な目的になります、カーコートなんていい方をする場合もありますね。

さて、「ボディーコーティングの塗装保護」には、「汚れの付着防止」「表面の劣化による変色防止」「ツヤ・輝きを保持する」といった効果があります。

新車ディーラーではそれを売りにして「洗車の時に楽ですよ〜」「クルマがいつも綺麗になります」といった事でボディコーティングを強くススメてくることも

ただ、いくらオススメられても「イマイチわからないな…」といった人が多いのではないでしょうか?

ここでは、新車のボディーコーティングについて、売っていた立場から説明してみますよ。

ボディーコーティングの種類と効果

ボディーコーティングの種類

新車でディーラーで売っているコーティングは、だいたい次の2種類になります。

ポリマー系コーティング

・ワックスよりは長持ちする
・光沢・ツヤが強く出る
定期的なメンテナンスが必要だが、自分でも出来る場合もある
・効果は3〜6ヶ月
・新車ディーラーでもやることがある
・比較的安い

ガラス系コーティング
・ポリマー系よりも長持ちする
・光沢・ツヤがポリマー系より長持ちする
定期的なメンテナンスが必要で専門店で作業する(有料)
・効果は6ヶ月〜1年程度
・新車ディーラーではあまりやらない
・高い

ちなみに、メンテナンスしないと、どちらも効果が続きませんし、コーティングしたからといっても、日常の洗車は必須です。

ディーラーで売っているボディーコーティングは、

「年に1〜2回のメンテナンスで効果は3〜5年」という物が多いです、ただ、ちゃんとやっていても、コーティング効果が持続するかどうかは、けっこう疑問を感じる物が多いですね。

新車からコーティングしたほうが塗装は傷まない?

新車からボディーコーティングをしたほうが車の塗装が傷まずも変色しにくい?
事実だと思います、でも、この傷むというのは、ものすごく過酷な環境においた場合のハナシに限定されると思います。

1〜2ヶ月に一度、洗車又は自動洗車機でクルマを洗う人なら、たぶん関係ありません、今の国産車で、普通の使い方をしていれば、そうめったな事で塗装は痛みません。
お店がこういった事をいうのはセールストークです

ボディーコーティングしてあると将来買い取りが高くなる?

ボディーコーティングする
 ↓
クルマの塗装がいつまでも綺麗
 ↓
クルマが綺麗だから買取査定額があがる

これが、ボディーコーティングを売る側の理屈ですが、これを100%嘘とは言いません、でも、90%は嘘と言っていいでしょう。
なぜなら、ボディーコーティングしてあっても、クルマが汚ければ査定は下がりますし、していなくても綺麗なら価格は上がります。

むしろ、コーティングしてあってもちゃんとメンテナンスをしてこなかったクルマは塗装がムラになったように見えてしまって、査定額を下げる原因になるかもしれません。

コーティングと査定額アップには、直接的な関係はほとんどないと思っていいでしょう、お店がこういった事をいうのは商売ですからね。
これもセールストークです。

ボディーコーティングしてあると洗車しなくていい?

ボディーコーティングしてあっても洗車は必須です!
コーティングしてあるから洗車はしなくていい…というのは大きな間違い。
といっても、ボディーコーティングしてある場合、汚れもつきにくく、水垢とかも水洗いだけで簡単に落とせるので、洗車はとっても楽だと思いますけどね、とくにコーティングしたてだと、その効果が実感できると思います。

が…こういった状態は長くは続きません。

どんなボディーコーティングでも半年から一年で必ず専門のメンテナンスが必要になります。

新車でボディーコーティングしたからと言ってノーメンテナンスだと、最終的にコーティングが効いてるとこと効いていないところがでてきて、それが色ムラのように見えてしまし、かえって洗車が大変になることも^^;

ボディーコーティングの効果を期待するなら、必ず定期的なメンテナンスをしましょう。

ボディーコーティングは専門店がいい?

(実態)新車ディーラーも専門店に出している

新車のコーティングには効果が1〜2年のものと、2年以上でメンテナンスを続ければ半永久といったものにわけられると思います。

コーティング効果のほどはさておき、コーティングの効果が短いものほど金額は安く施工が簡単、長いものほど金額が高く施工も複雑になります。

さて、新車ディーラーでは、ボディーコーティングをする場所も時間も人もいないのが現実です。
したがって新車ディーラーでやるコーティングは、すごく簡単なものしかやりません、価格が高く、効果の長い高性能なボディーコーティングは、そういった専門店に出していることが多いのです。

本格的なコーティングを望むなら専門店がいい

売っていた人間が言うのもおかしいですが、コーティングは専門店に出したほうがいいと思います。

仮に同じコーティング剤をつかっったとしても、専門店のほうがしっかりとした施工をしてくれるからです。
コーティングをする前の、下地処理がディーラーと専門店では全く違うと思って間違いなく、そして、ボディーコーティングの出来栄えは下地処理で大きく左右されるからです

新車ディーラーのコーティングは売上アップの意味が強いので、作業時間も数十分で終わるような商品が多く、作業も簡単です。
そのため施工は、ベテランが行うことはありません、大抵は入社1〜2年の若いメカニックの仕事になっていたり、アルバイトがやったりします。
1日で4台5台と一人でやっちゃいます。

その一方でコーティング専門店の職人は、何年もコーティングばかりやっているので、もっている知識も技術もまったく違います、仮に同じ時間の作業だとしてもその品質はまったく違うものになるのです。

すべての新車ディーラーがこんな感じとはいいませんが、個人的には新車ディーラーでのコーティングはどうかな?って思ちゃいますね。

新車のコーティングはしたほうがいい?

やらないよりは、やったほうがいいが…

新車のコーティングは、「やらないよりはやったほうがいい」と思いますが、やらなかったからと言って、クルマの価値が下がったり、塗装が変色したりすることはありません。

洗車が楽になるといっても、月に一度自動洗車機に入れてしまえば、とりあえず見た目は汚れているようなクルマには見られないでしょう。

そう考えると、コーティングをやらなかったから、といってデメリットがあるわけではありませんから、これはもう「個人の気持ちの問題」と考えたたほうがいいような気がします。

「コーティング施工車」「NO-WAX」みたいなスッテカーが貼ってある、塗装がボロボロの汚れたクルマではなんか悲しいですし、もし新車からコーティングするなら、メンテナンスもちゃんとするつもりでやったほうがいいでです、でないとコーティング効果は激減します

新車のコーティングの結論としては

「新車のボディーコーティングはメンテナンスが継続できる人」

にオススメですね。

もし新車の輝きを保ちたいのなら、3年程度で専門店でクルマをコーティングするのがベストです、コーティングする下地処理として「クルマの表面を鏡面化する(磨き)」という作業をするので、驚くほど綺麗でピカピカ・表面ツルツルになります。
新車の輝きにこだわる人は、定期的なコーティングがオススメです。


BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >新車のボディーコーティングはしたほうがいい?



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.