ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >下取り対策金とは

下取り対策金とは?

下取り対策金は、ディーラーが特定の車種の下取りをした時に、補助金を出す制度です。

このコトで、特定の車種の下取りを高くできるので、実質的な値引きを増やすことになり、新車販売の強力な後押しをしてくれます。

下取り対策金はどんな時に出る

車が売れてない時

下取り対策金が、もっともよく出る時は、「車が売れていない時」です。
特に新型車を出しても、売れ行きが芳しくない時に、なんらかの形でテコ入れがあります。
こういう時は、その車の新車値引きが毎月どんどん値引きが増えていきます。

3月や9月の決算期

決算期には、販売台数を出すために下取り対策金がでる事が多いです。
最近は月ごとの販売台数が、比較的均等になりつつありますが、それでも3月は通常月の倍くらい車が売れる事も珍しくありません。

どこのディーラー・メーカもこのチャンスを活かすために、様々な販売台数アップの対策をしてきます。
逆な言いかをすれば、この時期に施策をしないところは、販売で遅れをとることもあるということにもなります。

ライバル車に対向するため

最近は分かりませんが、以前はライバル車に勝つという名目で、「特定の車について下取りに対して○万円支給する」といった事をしていたときがあります、実際には、「値引きの上乗せをしろ」という意味のように感じました。


下取りに対策金が出るときには、大体この3つの時が多かった気がします

下取り対策金があるときの商談のコツ

まず、下取りがあるときの商談方法で大事なのは、「買取店で0円だたとしてもそれは言わないこと」です。
『下取りは買取店では0円だったのでディーラーはどう?』というような、弱気の商談スタートをしては、セールスマンは絶対に足元をみて買い取り値段は出してきませんから避けてましょう。


お店では『他店では値段がつきそうな感じだったんですが・・』と言っておき、下取りの値段次第です新車を買うかも・・・といった感じを表現しておきます。

『他店ではどのくらいでした?』としつこく聞いてきたら、
『おたくはいくらで買い取ってくれるの?』と訊き返せばいいでしょう、

買取値段をいうということは、手の内を見せて話をするようなものですから、答える必要はまったくなしです、下取りの値段がいくらなのか?は、最後までモヤモヤさせておいた方が商談を有利に進める事ができます。


さて、下取り対策金にはメーカーが行う以外に、ディーラーが独自で『どんな下取り車でも10万円以上で買い取ります』といった事を広告などで告知しながら行うときがあります。
一見お得に思えますが、こんな時の値引き設定は、車両値引額と下取り価格を計算したうえで最高値引き額を設定しています。
つまり、『通常時よりも限界値引き額は低い事が多い』という事です。

これに対抗するには、商談の最初では「下取りはない」と言っておき、さんざん値引きを引き出してから最後に「下取り車の存在をアピールして買取を要求する」といったほうがいいでしょう。

逆に、メーカー主導の下取り対策があるときには、ディーラーではあまり派手にイベントはしないことが多かったですね。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >下取り対策金



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.