ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >新型車の値引きはなぜ少ない? 

新型車の値引きはなぜ少ない

新型車やモデルチェンジした車は、とても値引きが少なくなります。
新しいクルマなので値引きが少ないのはなんとなくわかりますが、それにしても極端です。

旧モデルは30万〜40万円と値引きしていたのに、いきなり「5万円以上は出来ません」とか、平気で言いますからね。

なんで、こんなに極端なの?
こういった新型車が値引きについてのちょっと説明します。

新型の値引き、最低2〜3ヶ月渋いです

新型車の値引きが異様に渋いワケ

新型車やフルモデルチェンジしたクルマの値引きが、異常に渋くなるワケは大きく2つあります。

一つは、「いくら値引きすればいいかわからない」と理由です。

どれくらいの値引きをすれば売れるか最初からわかっていれば、お店もセールスマンも苦労しません。

値引き額が3万円でもバンバン売れるかもしれないし、30万円出してもサッパリり売れないかもしれない
その見極めが新型車においてはまったく出来ません。
(絶対この車は売れると、毎回思いこむようにはしていますが・・)

そういった理由で、新車発表から、少なくとも3ヶ月程度は値引きが渋い状況を続けます。


もう一つは、「ほっといても1〜2ヶ月間は売れる」という理由です。

どんな車でも、「新しいのが欲しい」というお客さんはますから、ある程度の販売台数は確保されています。

こういたお客さんは、値引きをそれほど重視していないので、大した商談もなく契約してくれることが多いですね。
新型車を登場させて、数ヶ月はこれだけで、やってけるときもあります。

新型車の値引はどう決まっていくのか?

新型車やフルモデルチェンジした車は、「2週連続でデビューフェア」をおこない、その後に「アンコールフェア」さらにその翌々週くらいに「新型○○ 大試乗会」など、売ってるほうもなにがなんだかわからないくらい、連続でイベントを打ちます

ディーラーでは、そういった期間内に発生した商談の数・進み具合・成約状況をデータとして収集して、その車の値引きを徐々に決めて行くわけです。

来場者が多い割りには成約が少なかったり、成約までの時間すこし遅かったりすると商品力をアップさせる為に値引きを少し増やします。
最初は、アクセサリーのサービス品を増やしたりしていき、現金での値引きが増えるのは、そのあとですね。

反対に、来場者数の割りには成約が多い、成約までの時間が速いといった新型車は、商品に魅力あると判断されますから、そう簡単に値引き条件をUPすることはありません。
(ただし、お店が販売台数ノルマ(協定台数)に追われているときは別)

こういった、「お店として値引きを絞っている時期」に
いくら、値引き交渉をしても、はっきり言って無駄になる事が多いです

新型車の場合、最初の2〜3ヶ月間は、こういった値引きが渋い状態が続くと考えて差し支えないと思いますが、毎月20日前後に、来月の値引きを見直す事が多いので、新型車値引きを獲得するのなら、この時期にお店にいって探りを入れてみるのがいいでしょう。

まれに、思ったよりも売れ行きが絶好調で、発売月よりも値引きを絞る場合がありますが・・・・
こういったケースは、全メーカーで数年に一度くらいです。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >新型車の値引きはなぜ少ない? 



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.