ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >競争入札すれば値引きを獲得できるんじゃない?

競争入札すれば値引きを獲得できるんじゃない?

競争入札とは、複数のディーラーにいっせいに見積もりを依頼します、その際に入札情報をオープンにして、どこのディーラーに依頼したのかわかるようにして値引きを競争させるやりかたです。

スケールは違いますが、公共工事なんかこの方式ですね、車の場合は、競合入札と言っているところもありますが、さて一見有効そうなこの方法、はたしてどうなんでしょうか?

車の競争入札はやめたほうがいい。

車の競争入札はディーラーの警戒心を煽るだけ

車の場合、競争入札をすると値引きを出ないことがホトンドです。

理由は「こういうお客さんは後で何かと面倒かも…値引きを抑えて様子を見よう」とまず考えますし「思い切った値引きを出しても買って貰えないかも知れない」とも思い、さらに「こんな商談方法が広まったら大変だ」ということになるので、ディーラーでは値引きを出してこないことが多いです。

それからもう一つの理由は、ディーラーはメーカーから車を買っています、その購入額は基本的に同じですなので、ライバルの状態もほぼ100%わかっているわけです、いくら値引きをすればいくら儲かるか?というのも明白なんで、どのあたりが限界かもわかります。

となると、値引きを出せる限界金額もわかるので、あとそれを「出すか出さない」かだけになります。
必ず落とせる金額は双方ともに想定出来るのですから、どうしても売りたいなら、その額を提示すれば落とせます、これでは競争でも何でもありません。

私も、競争入札の話があると、「普通の値引きに1〜2万円上乗せして出しとけばいいや(普通車です)」といった感じで、あまり相手にしていませんでした、こういった入札の場合は、一度に何台も買うとか、今後の販売が2桁見込める、なんて場合はガンバリましたが、1台程度では難しいでしょう。

競争入札をしても効果が出ないだけならいいですが、名前がわかってしまうと、普通の商談をしようと思ってもならず警戒されます、思い切った値引きは出さずに他店の様子を伺うことが多くなり、商談もなかなか進まなくなることがあります。

競争入札が効果のあるとすれば、それは3月

競争入札をしても効果がでるかもしれない時期があります。

それが3月です。

3月末は、自動車メーカー・ディーラーの決算月ということもあり販売台数が重要になってきます。

そのため年間目標に達していないディーラーは、遮二無二に車を売りたがります、もちろん営業マンもです。

こんな時期に競争入札の話があれば、「とりあえず値引きに20万のっけて出してみろ(利益度外視)」という事をするお店も出てきます。

これに上手く便乗すれば大きな値引きを短期間に獲得できることも・・・あるかもしれません、あくまで可能性があるだけです。

成功する確率は、正直言って低いですが、3月といった時期なら、もしかしてという感じですね。

競争入札は個人的に、上手くいかないことが事が多いので、おススメできません、お店によっては「うちは遠慮させていただきます」といって、話そのものに乗って来ないことも多いですよ。

商談・値引き交渉をしっかりやって、正攻法でせめて行くというほうが、成功する確率が高いと思います。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >競争入札すれば値引きを獲得できるんじゃない?



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.