ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

新車購入の疑問 >発売前の新車の値引き交渉

発売前の新車の値引き交渉

新型車の発売前に効果的な値引き交渉ができるのか?

新型車を欲しい人は、誰よりも早く欲しい・乗りたいと思います

もちろん、値引きもして欲しい

そんなときのコツをまとめてみました。

発売前の新車の商談は難しいです

新型の値引きは難しい

いきなり、読む気をそぐような事書いてますが、新型車の発売前の車に大幅値引きを期待してもそれは無理なことが多いです。

なぜなら、どの新車ディーラーでも、どれくらいの値引きで売れるのか?わかっていないからです。

それに、せっかくの新型ですから出来れば値引きに頼って売りたくない、というのがお店側の思惑もあります、稼げる時に稼ぎたい、商売ですからね

一方のセールスマンは、もう少し値引きしてもいいんじゃない?と思っていることが多いんですけど、会社には逆らえません。

そんなわけで新型車発売時の値引き額は、3・5・7万円程度で様子を見る事が多いのです。

新型車でも値引き交渉の余地がある場合

新型車の値引き交渉は難しいというものの、交渉がまったくできないという事でもありません。

普通のディーラーには、発売1ヶ月〜2週間前には、内部資料としてメーカーから新型車の資料がきます。
この資料には価格帯や製品のスペック、セールスポイント、競合車(予想)など、販売のために必要な資料が記載されています。

この資料が届いたころを見計らって、(発売日2週間前くらい)

『他社を買う予定だったんだけど新型がでると聴いて様子を聞きにきました、できれば少し細かいことを教えて欲しい』といった感じでお店にいきましょう。

気の利いたお店なら、本来は外部秘である、内部資料を見せてくれたり、暫定的な見積もりを出してくれると思います。

気の利かないお店でも、『新型を見てからでも、購入の決定は遅くないと思いますよ?』などと言ってくるはず、とにかく商談を終わらせないようにする為に、購入時期を先延ばしにさせようとしますからね。

こう言われた時には、『先方から値引き額の有効期限は○○日迄ときられていて・・・出来れば値引きを教えて欲しい』と切り替えせばいいでしょう。

実際に、こういった事はよくあることで、競合の新型が出る前に契約に持ち込むのはセールスマンにとって当たり前です。

まったくのNEWモデルや、大規模なフルモデルチェンジなどの時には難しい事がおおいですが、マイナーチェンジや追加モデルの発売なら、発売前でも値引きを交渉が十分可能です。

本格的な値引き交渉は、正式な発表後になるはずですが、事前にライバル車の見積もりを用意して交渉すれば有利に話を進められるはずです。

新型車は、発売当初は一時的契約が集中して納車が遅れる傾向にありますから、商談を早く済ますられれば、『人よりも早く新型車に乗ることができる』というメリットがありますネ。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >発売前の新車の値引き交渉



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.