ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

交渉のコツ >商談の時は役割を決めて

商談の時は役割を決めて

家族・恋人・友人・知人に新車の購入の商談に同行してもらうとき、それぞれの役を決めて商談すると効果的です。

あらかじめ反対者の設定をしておくことで、商談を有利にススメられるかもしれません。

反対者を決めてから商談に入る

商談の時の役割で大事なのは『あらかじめ反対者決めて商談に入る』ことです。
反対者は、下の条件を備えているとさらに効果的になります。

@ 商談者(あなた)は反対者に頭が上がらない
A 反対者が予算を握っている
B 反対者は他の車のほうが気になっている

これ全部に当てはまる必要はありません。

全部に該当する場合は、セールスマンよりも、まずはその方とじっくり話あったほうが必要ではないかと・・(^_^;)

さて、こういった反対者をどういうふうに使うかというと

商談のススメかた

実際にはどういった感じで商談するかというと : (`Д´)=反対者

『私は気にいっているのですが、(`Д´)は他の車が気にいっているんです・・・』

『(`Д´)が値引きに納得していなくて・・』

『車の購入は、(`Д´)のOKがないと・・・』

など、車はこれに決めたいが、『(`Д´)を説得できる商談材料が欲しい』 
といった感じで商談します。

最終的には、『もう少し値引きがあれば、(`Д´)を説得してみる』という所に話を持っていくのが理想的です。

元気のいいセールスマンですと、『私が(`Д´)を説得します』といってくるかもしれません、そんなときには、(`Д´)に『商談ではよい顔を一切しない』『余計な事はしゃべらない』という対応をしてもらえばいいでしょう。

もちろんあなたは、その反対の行動をとってください、『セールスと組んで(`Д´)を説得する』といった行動をとります。

商談者+セールスマン連合 VS (`Д´)

のような感じになると、セールスも商談に力がはいります。

なぜなら、『購入者は味方だから(`Д´)さえ何とかすれば車が売れるぞ』という明確な形が見え、その説得材料を確保するためいに会社や上司と相談する時にも力が入ります。

役割分担をして、セールスを味方につけることで、値引き交渉を有利に進める事ができます。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >商談の時は役割を決めて 



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.