ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

交渉のコツ >車庫証明書はダダにしてもらう

車庫証明書はダダにしてもらう

自動車の車庫証明書は車を購入すると必ず必要になる書類です。
一般的には、1〜2万円でお店が代理申請して取得しています。

この車庫証明は自分で行えばカットできる確率も高い費用ですが、車庫証明書の取得はなんだかむつかしそうで面倒です。
セールスマンにタダでやってもらえれば最高なのですよね^^

なお、最近は「OSS=ワンストップサービス申請」が主流になってきたので、車庫証明費用のカットには応じないお店も増えてきています。
参考:車の登録手続き「OSS=ワンストップサービス申請とは」

傾向と対策

車庫証明書を自分で取れれば、その分の諸費用を抑えることができるのんで新車を安く買えます。車庫証明書の取得手続きはやってみるとそれほど難しくはありません。
ただし、ある程度の車の知識と時間のある人の話しで、学生はともかくとして、社会人なら会社を休んで行くほどの価値は正直ビミョーな感じです。

取り方→車庫証明申請手続きの方法と手順

車庫証明の取り方について詳しく解説しているサイトもありますから、こういったところを参考にすればできるかもしれません、理想的はセールスマンにタダでやってもらうことです。

セールスマンにタダでやってもらうには

車庫証明書をタダでやって貰う方法は

@ 契約するとき自分で出すことにしてカットしてもらう
A 忙しいといって出さない


実はこれだけです。

まず、自動車は『車庫証明書』がないと登録できません。
車庫証明は最寄の警察署で発行してくれますが、発行までに『数日ないし1週間』程度かかります。
仮に 車庫証明発行に5日間かかると仮定した場合は、月末前の(30日が最終日の場合)最終25日までに車庫証明書発行の申請を出さないと、その月には車庫証明が発行されない事態となります。

勘の良い人は、もう気がついたかもしれません。

ディーラーは、一ヶ月の販売台数を非常に重要視します、販売台数と言うのは契約書を取った枚数ではなくて登録した台数ですから、ディーラーはなんとか月内に車を登録しようとします。

それとセールスマンは自分の給料や上司・会社といったところの評価もかかっていますからね。
車があるのに書類がなくて登録できないなんてのは洒落になりません

契約がとれて車も準備できているのに、車庫がないからナンバーをつけれず、月の台数にカウントしてもらえないなんて、ほんとに悲しいですよ。

契約の段階では『車庫証明は自分で取っきます』と言って諸費用から外してもらいますが、結局出さずにいて、セールスマンから突っつかれても『申し訳ないです忙しくて暇がなくて・・月末にはなんとか・・・』と、適当な理由をつけて遅れ事を申し訳なさそうに言ってしまえばOK

セールスマンは、警察への車庫の申請リミットが近づいてくると、あなたが言い出さなくても、自分の成績や会社への手前もあります。
『会社には内緒で私が取ってきますよ』と言ってきてくれる可能性が高いです。

最近は、最初に依頼すると『それではサービスしましょう』と言ってくれるディーラーもあるようです、うれしい話ですが、その分、車両値引きがケチられていることもあります。

成功の可能性が高い月として3・6・9・12月で月の中盤以降が狙い目のような気がします、100%成功する方法ではありませんが、やってみる価値はあるかもです^^
がんばってください。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >車庫証明書はダダにしてもらう 



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.