ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

交渉のコツ >諸費用カットを断られた時

諸費用カットを断られた時

新車の値引では、諸費用のカットが重要です。
ただ、諸費用はディーラーの重要な儲け部分なので、強硬に拒否されてしまう事も多いでしょう。

ここでは、できるだけ諸費用を値引いてもらうためにどうしたらいいか考えてみましょう。

カット出来るハズの諸費用

諸費用のうちどこのディーラーでも本来カット出来るのが、

『車庫証明書手続代行費用』(警察に自動車の保管場所を申請する)
『納車費用』(車を届けてもらう費用)

と呼ばれる2つです。

車庫証明書は「自分で行う」と言えば、理屈でカット出来るはず
納車費用は、主には「車を届けてもらう費用」なので、取りに行く事でカットできます。

が・・・実際には、なんだかんだ言ってカットしてもらえないでしょうね、カットの打診をしても、初回は必ずと言っていいほど断られるはずです。
※ 断らない場合は、車両値引きが絞られている可能性があります。

ここで、断られた時に多少粘ってみるのは問題ありません。
ただ、商談の最初からあまりしつこく食い下がると営業マンへの印象を悪くしますので気をつけて下さい。

最悪は、自動車販売協会連合会(通称:ジハンレン)のHPに、『購入者自信が行う場合はカットすべし、というような事が書いてあるぞ』といった感じで上から目線でカットをせまることです。

このような感じで迫られるとセールスマンは面白くありません、正直、やる気もなくなります。
諸費用カットをしても他のところで、必ず取り返してやろう・値引きを絞ってやろうと思うことでしょう。
現場のセールスには「自販連」といった組織はあまり関係ないですからね。

諸費用カット上手に迫るには

諸費用のカットを申し出て断られた時に、ちょっとだけ粘って駄目なら一旦引き下がって見て下さい。
断られても『また後で調整して下さいね』などと言ってソフトに受け流してしまえばOK

そして、商談も終盤になり契約の間際になってから、改めて話を持ち出してください、今度は要望を聞いてくれる事が多いと思います。

それでも、駄目な場合は、そこの会社の規定で、諸費用カットは厳しく禁じられているのかもしれませんから、そのままごり押ししてもセールスマンを苦しめるだけの場合もあります。

こういった時には、さっきの自販連の話を持ち出して、そのあとで『カットできない事情はわかりました、では同程度の付属品のサービス・燃料の満タン納車、というようなサービスはできないか?』と要求してみましょう。

諸費用のカットは無理を言いすぎると、商談を難航させ結果的に値引きが獲得できなくなる事もあります。
ある程度の妥協案を提示して解決する事も値引き交渉のコツです。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >諸費用カットを断られた時 



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.