ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

交渉のコツ >自動車保険で値引きアップ

自動車保険で値引きアップ

自動車保険に加入すことで新車値引を増やせる事があります。

新車ディーラーの多くは(よほど小さくない限り)保険契約で貰える保険手数料も重要な収益と考えているからです。
自動車保険の契約件数も、セールマンのみならず一般職員ですら評価の対象にしている会社も多いです。

自動車保険の契約を取ることは、新車ディーラーにとって車を売るのと同じくらい重要視していますよ。

自動車保険契約で新車値引きアップ方法

自動車保険契約で新車値引きをアップさせる方法は簡単。

商談が煮詰まった・値引きアップがもう見込めない、といった商談が硬直状態に落ちた時に、”保険の契約をするから値引きを上乗せして欲しい”と切り出すだけです。

下取り車があるのなら、「次回の保険の切り替えは、こちらでお願いするので、そこを考えてもらって値引きの上乗せをして欲しい」と言ってみます。

下取り車がないなら、「自動車保険もお願いしようと思っているので、値引きを考慮して欲しい」

とにかく、”保険加入するから値引きをなんとかして!”といった感じの事を伝えてみるのです。

自動車保険は、セールスマンにも厳しくノルマが課せられているのですが、そうかんたんに他所から取ってくるのは難しくノルマ達成の障害になることを、セールスマンは十分知っているのでOKしてしまう事が多いのです。

自動車保険契約で値引きアップの注意

自動車保険契約で値引きをアップさせる方法では、気をつけないといけないところとがいくつか有ります。

自動車保険の話は一度は切り出す事

新車のセールスマンにとって、自動車保険は会社からの評価も関係する大事な取り扱い商品で会社からも「保険契約を獲れ」と命令されているはずですが、「車も売れないのに保険の話なんて…話がややこしくなる、めんどくさい」と思っているセールスマンのほうが多いのが現実で、あえて話をしない場合も多いと思います。

商談中に、自動車保険の話はなにげ切り出して、相手の反応をみることをオススメします。
「ここでも自動車保険に加入できるんですか?」みたいな感じで話を切り出せば意外と話にノッてくると思います。

通販の保険料を事前に調べておきましょう

新車ディーラーが扱う自動車保険は「代理店系」と呼ばれるもので、一般的には「通販系よりも保険料が高い」ことが多いです。

あなたが通販系の保険会社を使っているなら、保険料を調べて交渉に使えるかどうか把握したほうがいいでしょう。
あまり差があっては、ちょっと商談では使いにいですし、もし値引きが増えても、それ以上に保険料が上がってしまったら意味がありませんからね。

通販系と保険料を比較しましょう

上と似てますが、「代理店系の保険会社」に契約をしていても、「通販系の保険料」は把握しておく必要があります、たとえば商談で

■ディーラーとの保険料との差が大きい場合(3万円以上)
「通販の保険料ではこんなに違うので、それ以上に値引きに上乗せしてもらえないとメリットがわからない(強気)」

■ディーラーとの保険料との差がふつう(1〜3万円)
「通販の保険料のほうがやすいので魅力的、その分値引きでカバーして、なにかサービスして貰えたら、自動車保険を乗り換えてもいい(ふつうに)」

■ディーラーとの保険料の差が少ない(1万円以内)
「通販の保険ほうが安いですね、でも、ちょっとの差なので、差額と少し上乗せしてくれれば、自動車保険かえてもいいですよ(やんわり」

といった感じでの交渉が可能になるからです。

ちなみに保険料の差が大きいほど強気でいっみます。
私の経験では保険料の差があまりに大きい時、ディーラーは自動車保険の商談を降りることが多いので、保険料でプッシュしても難しいですね。
ですが、強気で言っても、この話にのってくれば、なにかの理由で保険を集めているか、実はまだまだ、値引きの枠が残っている可能性があります、値引きの余地をまだ十分残していると判断できるわけです。

保険料の差が少ないほど、こちらも弱くなっていくのは、「セールスマンが保険を重要と思っていない」というのが大きな理由
保険の話を切り出して、あまり強くおしすぎると、商談が途中で止まってしまう事もあります。

保険料の差が少なければ、こちらもメリットが少ないわけなので、あまりゴリ押しをせずに、オプション品などのサービスをしてもらったほうが、成功する可能性が高いと思います。

翌年保険料が高かったら切り替えましょう

新車購入時に保険加入することで値引きを増やしてもらったからといって、永久にそのお店で加入し続けるなんて、まったく意味のない話で「ムダ」なことです、自動車保険は、毎年見直すことが一番大事ですよ。

保険料は比較して一番メリットのあるところで加入しましょう。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >自動車保険で値引きアップ 



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.