ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

交渉のコツ >新車が欲しい気持ちを伝える

新車が欲しい気持ちを伝える

新車買うときは、セールスマンに「このクルマが欲しい」という気持ちを伝えることが大切だと思います。

セールスマンは、「クルマが売れそうだ」と感じないと、値引きをアップすることはありませんし、値引きに額で上司と交渉するなんてことはあり得ないからです。

セールスマンに新車がほしい気持ちを伝えることは、とても大事なことです。

初心者の気持ちの伝え方

セールスマンは、「新車を買おう」とする気持ちがセールスマンに伝わるのはとても良いことで、商談にはプラスに働くことが多いです。

ただ、初心者がこの気持を伝えるときに、気をつけて欲しいポイントがあります。

セールスマンが、「他の車も考えてますか?」的な事を聞きてきたときに、

「あんまり考えてないかなぁ〜」
「これからいろいろ見てから考えようかな〜」
「まだ見てないです〜」

といった感じの返事をしてしまうこと


こういったお客さんの言葉や表情を深読みをして、

「うちのお店に一番最初に来たにたいだな」
「うちの車が本命のようだ」

と、セールスマンは感じ取って、出来るだけ値引きを抑えた商談を開始しようと
します、他社との競合の可能性を考えて値引き条件を絞って様子をみるわけです。


「ひとまずはこれくらいの値引きです」といいつつ「まだまだ商談できますよ〜」 
というような雰囲気を匂わせた見積もりをだしてくるでしょう。

やり手なら「値引きでは負けません」といっておきながら、明確な数字は避けようとします。
他店に勝つために「値引きのあとだしジャンケン」をしたがるはずなのです。

うちのクルマが本命なら、金額的なことで明確な返事をしない限り、「競争相手に負ける」ことはまず無いからです。

セールスマンをその気にさせて、値引きを獲得するには

セールスマンに気持ちを伝えるは超正論ですが、初心者がいきなりこれにチャレンジをするのは難しい時があります。

初心者はセールスマンをその気にさせるつもりで来てるいても、いつの間にかセールスマンのペースに思いっきり乗せられ、値引きもそこそこで買う気マンマンになってしまう事のほうが
圧倒的に多いからです。

初心者は、「新車は欲しい!、でもどれにしようか迷っている」といった感じです、本命を悟らせないような気持ちの伝え方がベスト思います。

BACK >> 前のページに戻る

関連ページ


ホーム >新車が欲しい気持ちを伝える 



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.