ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

交渉のコツ >値引きはもう限界です!

値引きはもう限界です!

『値引きはこれ以上できません』
『これ以上の値引きは会社がOKしません』

といった、新車の値引き交渉では必ず言うのがこの言葉

言い方をかえれば、このセリフが出てこないようでは、商談がまだ進んでないとも言えます。

ほんとうに値引きは限界なのか?
もう、できないのでしょうか?

意味と回答

これ以上の値引きは出来ない、という事は実は少ない

100%とはいえませんが、セールスマンが「値引きこれ以上出来ません」といった時には、まだある程度の値引き枠を残していることが多いです。

経験上90%はそうではないかな〜と思います。

とくに、ベテランセールスほど、値引きを残して商談をします。

ただ、新人や売れないセールスマンは、駆引きが出来ないので値引きを限界まですぐ出してしまって背水の陣で商談をすすめる傾向にあります。

一般的に、2年以上の新車セールス経験があるなら、ほぼ間違いなく、値引きの余力を残しているはずですから、「値引きはこれ以上出来ない」と言われて臆する事はありません。

セールスマンは、「契約できれば儲けもの、出来ない時は、もうちょっと上乗せしてみるか・・・」くらいの気持ちで言っていますよ

これ以上値引きできない! と言われたら

セールスマンから、これ以上値引きできないと言われた時には、まず、その値引き額が相場かどうか調べましょう。
新車の値引き額は、地域により差がありますが、概ねで全国近い金額になっているからです。

車両本体からの値引き額がどうなっているかで判断できる気がします、値引き金額が、目標の+-10%前後なら、かなりイイ線ですね。

もっとも、10%前後のほうがマレで、20〜30%も違うのに「値引きはこれ以上出来ません」と言われる人のほうが圧倒的に多いハズ。

そんな状態で「これ以上値引きはできません」と言われたら

「○○○はもう少し値引きが多かったんだけど…」
「○○万円なら、親に話ができるんですが…」
「ちょっと予算がたりない…気に入ってるんだけど…」

と、こちら都合や競合車の都合があるので「もう少し値引きして欲しい」ということを伝えませしょう。
できれば、「お願いします」的な感じのほうがいいですね。
セールスマンは、低姿勢でお願いされるとけっこう弱いですヨww

上から目線で「こんな値引きじゃ話にならない」という人もいますが、そういう言い方する人ってセールスマン嫌がりますね。

あまりに横柄な態度のお客さんには、「値引きが少なくてすみません、会社の規定なんで・・・」と丁寧にお返事してお帰り頂いてました、こういうお客さんって、何かあったときに面倒なんですよ ^_^;


ポイント:値引きの上乗せ要求積極的に!下から目線でねだってみよう

前のページに戻る

関連ページ


ホーム >値引きはもう限界です!



愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。
 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.