ホーム新車購入7ステップ新車値引き目標交渉のコツ新車購入の疑問

ホーム >値引きを調べよう

値引きを調べよう

新車の値引きを調べずに商談するのはかなり危険です。

「何も調べていませんよ〜」「私は車のこと知りません〜」ということを公言しながら商談しているようなものなので、セールスマンに攻めこまれるスキを作っているのです。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」なんて言葉もありますしね。

新車を真剣に考えているのなら、まず値引きを調べることが大事です。
値引きを調べるときのポイントなどアドバイスします。

値引きを調べておけば、足元は見られない

クルマの値引きは、上限だけが決められている

新車の値引き金額は、ほとんどのお店で上限だけが決められています。
「最高で○○万円までは値引きしてもいい」という感じです。

では、「最低の値引きは○○円から」というのは、決まっているでしょうか?
実は、決まっていない店がほとんどです、私のいた所も決まってはいませんでした、厳密に言えば「最初は○万円の値引きから始める」という感じだったんですけどね、その値引き金額は「一体そんな値引きで誰が買うの?」というような金額なんです。

ところがぁ!クルマの事をまったく知らない人は、本当にその値引きで納得してしまったり、そこからチョットの上乗せしたりサービスをしたりすると、よろこんで契約をしてくれます。

値引きの相場が知らない・わからないので
「恐ろしい買い方をしている」ということが、まったくわかっていないのだと思います。

値引きを知らないとお客には足元をみる

「クルマの値引きを知らない人」に対して、私達セールスは値引きを思いっきり絞ります、足元を見るわけです。

これには、利益を残す意味もありますが、のちのち商談で値引きを枠を残しておき、常に余力をつけて商談をする、といった意味が強いかもしれません。

値引き出来るだけ少なくして、余力を多くしておけば、「最新ナビとETC、全部サービスしますからお願いします」なんて事も言えちゃいます、利益が十分残っていれば簡単な話です。
もしライバルが出てきても「会社にかけあってそちらより上乗せします」なんてことだって言えちゃいます。
ちなみに、本当に掛け合うことは、ほとんどありませんヨ

もし値引きを知らないと、最初からセールスマンに丸め込まれて話をしているようなものですから、これでは限界値引きなど、夢のまた夢のオハナシです。

ちなみに、新人セールスはこういった値引きの加減がわからないので、なかなか車が売れなかったり、商談で自分を追い込んでしまっている事も多いです。

新車値引き額は必ず調べておきましょう。

値引きを調べるときのコツは?

雑誌で調べるなら「月刊自家用車」がベスト

ディーラーセールスマンも、知っている「月刊自家用車」という雑誌があります、この雑誌の後ろの方には、国産乗用車+一部の外車の値引きが130車種以上、掲載されています。

私が考える限り、この情報を事前に知っておけば、そうそう「足元を見られる」ということはないと思います
雑誌の値段は780〜900円ぐらいで、その時よって若干値段が違います。

値段を調べるだけなら、立ち読みでも構いませんが、新車の商談をする前に一冊買って読んで、じっくりみると参考になることが多いと思います、毎月26日くらいが発売ですが、そんなに数を置いていないのか?
一週間もすると無くなってしまうお店も多いのです

あと、クルマの値引き金額以外に、個別で商談の詳細なレポートが載っています、すごくリアルで参考になりますが正直いってレベル高いですから、マネをするなら修練が必要な気がします。


初心者が真似すると、もうミエミエで、下手をしたらセールスの印象を悪くしたり、様子を見られる原因になってしまうかも…

雑誌に掲載されているように商談をしたいのなら、1年くらい定期購入して、商談の雰囲気やセールストークに慣れないとチョット難しいかな〜と思います。

雑誌は、読者にとってインパクトのある「成功事例」が必要ですからね、値引き交渉のレベルが高いのはしかたのない事でしょう、
初心者は、値引き金額の参考にする利用方法で十分ではないかと思います。

ネットで調べるなら

ネットで値引き額だけ調べるのなら、このサイトでも人気車種の値引きは調べられます、独自に調べていますが、そうそう、値引きの相場とは大きく違うことはないと思います。
(全車種やると大変なので人気車種だけです)

値引き調べで、確実なのは「ディーラーへ聞くこと」

雑誌やネットで値引きを調べても、その値引きがあなたの住んでいるところのお店がそのとおりの値引きをしているかは、わかりません。

より詳しく知るには、見積もりを取るのが一番手っ取り早いかもしません、ネット見積もりには3種類あります。

1,メーカーホームページから見積もりを取る
ここを利用すると、メーカーから地元ディーラーへ個人情報が流れ、地元ディーラーから見積もりが届けられるでしょう。
見積もり内容も細かくないですから、購入予算の目安にはなりますが、見積としては参考にならないことが多いです。

2,ディーラーがホームページから見積もりを取る
ここも、利用すると、個人情報がディーラーに直接しられます。
値引きは、そこそこ出ますが、「とにかくお店に来て詳しく話を…」ということになりがちです、セールスマンが自宅へ電撃訪問してくることもあるのが、このパターンです。

3、ネット見積もり業者から取る
ネット見積もり業者(オートックワン)経由での新車見積もり依頼は、依頼者の希望しないセールス活動は行われません。
また、最短60分で見積もりが来たり、複数のクルマの見積を同時に取り寄せられたりするので、とても使いやすいサービスです。

ただし、ここに加盟しているディーラー(4400店舗)からしか見積もりを取り寄せられないので、地域によって「見積もりできないクルマがある」といった弱点があります。
というものの、使いやすさはバツグンですし、セールス活動も望まない限りありませんから、初心者でも安心して見積もりが取れると思いますよ。
新車の見積が必要なら積極的に利用すべきでしょう。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

NEXT>>お店に行こう  BACK>>前のページに戻る

関連ページ


ホーム >車種を決めよう




愛車の本当の価値は、1店だけではわかりません、お店は欲しい車は相場よりもより高く、欲しくない車は相場より低く値段を提示します。


自動車保険を安くするなら、保険料の比較が確実、大事な補償はそのままで保険料が安くなる!新規契約ならプレゼントがあることも。
価格.com自動車保険 比較・見積もり


クレジットカードでガソリンを入れると安くなるのは常識、もっと得をしたい人には入会ポイントが多い楽天カードがおすすめ。


全国の新車ディーラーからオンラインで見積が取れる、もちろん無料です。最短60分以内でお見積り、希望しない訪問は一切ありません。


 全国1000店舗から車検の予約と比較ができる、楽天Pも貰える車検比較サイト
 車検を本気で安くするつもりならお宝車検、車検基本料全額キャッシュバックに当選?
 ホリデー車検は、全国250店、延べ200万人以上がにご利用 1時間で車検が終わる!
 複数店舗で一括比較、自宅から近いところを検索、車検検索サイトの老舗



中古車を買う車の維持費を安くする

(C) 新車を買う All rights reserved.